産経フォト

大阪桐蔭が準決勝へ 藤原2本塁打、根尾〝二刀流〟【夏の甲子園】

スポーツ

大阪桐蔭が準決勝へ 藤原2本塁打、根尾〝二刀流〟【夏の甲子園】

更新 sty1808180011
浦和学院戦の5回、右越えソロ本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原恭大 =甲子園球場(水島啓輔撮影) 浦和学院戦の5回、右越えソロ本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原恭大 =甲子園球場(水島啓輔撮影)
浦和学院戦の8回、この日2本目のソロ本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原恭大=甲子園球場(二星昭子撮影)
画像を拡大する
浦和学院戦の8回、この日2本目のソロ本塁打を放つ大阪桐蔭・藤原恭大=甲子園球場(二星昭子撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 第100回全国高校野球選手権大会第14日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が浦和学院(南埼玉)に11-2で大勝し、優勝した2014年以来4年ぶりに準決勝に進出した。大阪桐蔭は4本塁打で圧倒。4番藤原が2本塁打を含む4安打5打点の活躍だった。

金足、日大三、済美も準決勝進出

 第100回全国高校野球選手権大会第14日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、金足農(秋田)と日大三(西東京)が準決勝に進んだ。

 金足農は近江(滋賀)に3-2で逆転サヨナラ勝ちし、34年ぶりの4強。1点を追う九回に斎藤が2点スクイズを決めた。吉田は10奪三振で完投。

 日大三は下関国際(山口)に3-2で逆転勝ちし、優勝した2011年以来7年ぶりのベスト4。2点を追う八回に3点を挙げた。

 19日は休養日で、20日の準決勝は、金足農-日大三、済美(愛媛)-大阪桐蔭(北大阪)の組み合わせで行われる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング