産経フォト

61歳的場文男騎手が7152勝 地方競馬の最多勝記録更新

スポーツ

61歳的場文男騎手が7152勝 地方競馬の最多勝記録更新

更新 sty1808120016
仲間から胴上げされる的場文男騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介) 仲間から胴上げされる的場文男騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介)
カウントボードの「マトメーター2」に自ら数字を入れる的場文男騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介)
画像を拡大する
カウントボードの「マトメーター2」に自ら数字を入れる的場文男騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介)フルスクリーンで見る 閉じる

 大井競馬の的場文男騎手(61)は12日、東京都品川区の大井競馬場で行われた第5レースでシルヴェーヌに騎乗して1着となり、佐々木竹見元騎手の持つ地方競馬最多勝利記録を更新する通算7152勝を挙げた(中央、海外の勝利数を除く)。
 6日に“鉄人”佐々木元騎手に並んだ“大井の帝王”的場騎手は、この日も還暦を過ぎたとは思えない力強い騎乗フォームを披露。デビュー戦だったシルヴェーヌを勝利に導き「皆さんのおかげで日本一の記録が取れて感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを話した。
 中央競馬では武豊騎手(49)の3989勝(地方、海外の勝利数を除く)が史上最多。海外では米国で活躍したラッセル・ベイズ元騎手らが1万2千勝以上を挙げている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング