産経フォト

防護服着用「風評増幅」 福島市設置子ども像に批判

ニュース

防護服着用「風評増幅」 福島市設置子ども像に批判

更新 sty1808120015
福島市がJR福島駅付近に設置した子どもの立像「サン・チャイルド」=12日 福島市がJR福島駅付近に設置した子どもの立像「サン・チャイルド」=12日
福島市がJR福島駅付近に設置した子どもの立像「サン・チャイルド」=12日
画像を拡大する
福島市がJR福島駅付近に設置した子どもの立像「サン・チャイルド」=12日フルスクリーンで見る 閉じる

 福島市がJR福島駅付近に設置した防護服のようなものを着用した子どもの立像に「(東京電力福島第1原発事故の)風評被害を増幅する」「科学的にあり得ない」などと批判が相次ぎ、制作者が謝罪文を出していたことが12日、分かった。
 像は現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災をきっかけに2011年に制作した高さ約6・2メートルの「サン・チャイルド」。防護服姿で脱いだヘルメットを手にし、空間放射線量の線量計を模した胸のカウンターには「000」と表示されている。
 3日にヤノベさんも出席して除幕式が行われたばかりで、木幡浩市長はツイッターで「現代アートは科学とは異なり抽象化して表現します」と理解を求めた。
 ヤノベさんは自身のウェブサイトで「不愉快な思いをさせてしまった。『放射能』に対する知識の正確さが、震災前と比較にならないくらい求められていることに配慮すべきでした」と謝罪。像の取り扱いを市と話し合いたいとしている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング