産経フォト

バリー・ボンズ氏の「25」永久欠番 シーズン最多73本塁打など記録

スポーツ

バリー・ボンズ氏の「25」永久欠番 シーズン最多73本塁打など記録

更新 sty1808120014
ジャイアンツ現役時代の背番号25を永久欠番とするセレモニーで、あいさつするバリー・ボンズ氏=11日、サンフランシスコ(ゲッティ=共同) ジャイアンツ現役時代の背番号25を永久欠番とするセレモニーで、あいさつするバリー・ボンズ氏=11日、サンフランシスコ(ゲッティ=共同)
ジャイアンツ現役時代の背番号25を永久欠番とするセレモニーで、スタンドの声援に応えるバリー・ボンズ氏=11日、サンフランシスコ(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
ジャイアンツ現役時代の背番号25を永久欠番とするセレモニーで、スタンドの声援に応えるバリー・ボンズ氏=11日、サンフランシスコ(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ニューヨーク共同】米大リーグ、ジャイアンツは11日、本拠地サンフランシスコでのパイレーツ戦で、通算762本塁打のメジャー記録を持つバリー・ボンズ氏(54)の現役時代の背番号25を永久欠番とするセレモニーを開催した。
 ボンズ氏は1986年にパイレーツでメジャーデビュー。2001年にはジャイアンツでシーズン最多の73本塁打を放つなどメジャーを代表する強打者として活躍したが、薬物使用が物議を醸した影響で米国野球殿堂には入っていない。
 この日はユニホームに袖を通し、現役時代の守備位置だった左翼でファンの歓声に応え、AP通信に「もう一度、左翼に立ちたかった」と感慨に浸る言葉を語った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング