産経フォト

暑さ続くソウルで雪彫刻 家族連れ、涼を満喫

ニュース

暑さ続くソウルで雪彫刻 家族連れ、涼を満喫

更新 sty1808110018
ソウル中心部で開かれたイベントで、雪の塊でタコの彫刻をつくる参加者=11日(共同) ソウル中心部で開かれたイベントで、雪の塊でタコの彫刻をつくる参加者=11日(共同)
ソウル中心部で開かれたイベントで雪の塊を削る市民ら=11日(共同)
画像を拡大する
ソウル中心部で開かれたイベントで雪の塊を削る市民ら=11日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ソウル共同】暑さが続くソウル中心部の光化門広場で11日夕、雪の塊を削って彫刻をつくるイベントが行われ、家族連れや観光客らが季節外れの光景を楽しんだ。
 韓国の菓子メーカーが主催。社員ら数百人が高さ約1・6メートルの雪のブロック約160個を削り、タコなどの動物や、韓国国旗をモチーフにした抽象作品などに仕上げた。市民らが挑戦できるコーナーも設けられた。
 韓国では8月初旬に北東部で観測史上最高の41・0度を記録。文在寅大統領は冷房の使用が増えることから、7~8月の家庭用電気料金の負担軽減策を講じるよう、関係省庁に指示している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング