産経フォト

被災地巡り古本無料配布 長野の会社がブックバス

ニュース

被災地巡り古本無料配布 長野の会社がブックバス

更新 sty1808100004
 避難所になっている園小の中庭に止められた「BOOK BUS」で本を選ぶ子どもたち=9日、岡山県倉敷市真備町地区  避難所になっている園小の中庭に止められた「BOOK BUS」で本を選ぶ子どもたち=9日、岡山県倉敷市真備町地区

 インターネットで古本の買い取り、販売を手掛けるバリューブックス(長野県上田市)の所有する「BΟΟK BUS」が7~9日の3日間、西日本豪雨の避難所などを回り、被災者に無償で本を配った。窮屈な避難所生活が長引く人も多く、担当者は「子どもに喜んでもらいたい」と話している。バスは今後も被災地を訪れる予定だ。

 「BOOK BUS」で本を選ぶ子ども=9日、岡山県倉敷市真備町地区
画像を拡大する
 「BOOK BUS」で本を選ぶ子ども=9日、岡山県倉敷市真備町地区フルスクリーンで見る 閉じる

 岡山県倉敷市真備町地区で9日、避難所になっている園小の中庭に止められたバスの周りに人だかりができていた。ガーデニングの本や雑誌を腕いっぱいに抱えた女児は「お母さんにあげるの」とうれしそうだ。

 今回バスに積んだ千冊以上のうち、約半数が子ども向けの絵本。他に料理本や文芸書も用意した。6日早朝に長野県を出発した後、最初に向かった広島県呉市の児童館では100人近くの子どもが集まった。その後、同県三原市や倉敷市を回り、3日間で3分の2ほどの本が配られた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング