産経フォト

「100回目の夏」開幕 最多56校出場、甲子園大会

スポーツ

「100回目の夏」開幕 最多56校出場、甲子園大会

更新 sty1808050009
第100回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する近大付(右)、大阪桐蔭(後方)の選手たち=甲子園球場(門井聡撮影) 第100回全国高校野球選手権大会の開会式で入場行進する近大付(右)、大阪桐蔭(後方)の選手たち=甲子園球場(門井聡撮影)
始球式を務めた松井秀喜氏=甲子園球場(門井聡撮影)
画像を拡大する
始球式を務めた松井秀喜氏=甲子園球場(門井聡撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 第100回全国高校野球選手権大会は5日、皇太子さまを迎えて兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した。史上最多の56校が出場。近江(滋賀)の中尾雄斗主将が「多くの人々に笑顔と感動を与えられる最も熱い本気の夏にすることを誓います」と選手宣誓した。
 開会式後の始球式には、星稜(石川)出身で、プロ野球巨人や米大リーグのヤンキースで活躍した松井秀喜さんが登場。開幕試合では、星稜と28年ぶり出場の藤蔭(大分)が対戦した。
 今春の選抜大会で2連覇を達成した大阪桐蔭(北大阪)は、史上初の2度目の春夏連覇を狙い、前回王者の花咲徳栄(北埼玉)は、史上7校目の2連覇を目指す。
 第1回大会は1915年に全国中等学校優勝野球大会として開催され、今回で100回目の節目を迎えた。順調に日程を消化すれば、21日に決勝が行われる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング