産経フォト

豪雨、海水浴場に打撃 遊泳禁止、海開き断念…

ニュース

豪雨、海水浴場に打撃 遊泳禁止、海開き断念…

更新 sty1807310003
家族連れで賑わうはずの海水浴場にも人の姿が見られない=31日午前、広島県坂町のベイサイドビーチ坂(彦野公太朗撮影) 家族連れで賑わうはずの海水浴場にも人の姿が見られない=31日午前、広島県坂町のベイサイドビーチ坂(彦野公太朗撮影)
家族連れで賑わうはずの海水浴場にも人の姿が見られない=31日午前、広島県坂町のベイサイドビーチ坂(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
家族連れで賑わうはずの海水浴場にも人の姿が見られない=31日午前、広島県坂町のベイサイドビーチ坂(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 西日本豪雨で土砂や木が海に流れ込んだり、周辺インフラが被災したりしたため、少なくとも7府県の海水浴場で遊泳禁止や海開き断念などの措置を取ったことが31日、分かった。復旧作業を済ませ、既に再開したところもあるが、観光業への打撃は避けられず、諦めの声も出ている。
 広島県坂町の海水浴場「ベイサイドビーチ坂」の砂浜には土砂が入り、流木やがれきが散乱。周辺の国道沿いの斜面が崩れ、通行止めになった。迂回路として海水浴場の駐車場が舗装され、国道復旧の工事車両が行き交う。砂浜の一角は国道から取り除かれた土砂の仮置き場になった。
 被災前の7月1日に海開きをしたが、県は遊泳禁止とし、今シーズンは解除しない方針。子どもと砂浜を訪れた広島県熊野町の40代男性は「人気のある場所で例年この時期はにぎわうが、仕方がない」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング