産経フォト

【路上感撮】長すぎる横断歩道

自然・風景

【路上感撮】長すぎる横断歩道

更新 sty1807300001
道路を約30メートルにわたって覆う横断歩道のゼブラ =横浜市鶴見区(桐原正道撮影) 道路を約30メートルにわたって覆う横断歩道のゼブラ =横浜市鶴見区(桐原正道撮影)

 京浜急行の鶴見市場駅(横浜市鶴見区)を降りて住宅や商店の立ち並ぶ通りを進むと、約30メートルにわたる横断歩道のゼブラが見えてくる。歩行者は思い思いの場所で横断している。

道路を約30メートルにわたって覆う横断歩道のゼブラ =横浜市鶴見区(桐原正道撮影)
画像を拡大する
道路を約30メートルにわたって覆う横断歩道のゼブラ =横浜市鶴見区(桐原正道撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 丁字路が2つ連続し、東京・渋谷駅前と同じスクランブル交差点だ。県警交通規制課によると、県内にスクランブル交差点は55カ所あるが、住宅街にあるのは珍しい。

 近くでクリーニング店を営む池沢ユリ子さん(85)は「昭和56~57年ごろに作業員が白線を塗っていた記憶がある。初めて見る人はびっくりするかもしれないね」と話した。(写真報道局 桐原正道) 

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】   

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング