産経フォト

空自、核搭載型爆撃機と共同訓練 北朝鮮への警戒態勢堅持

自衛隊・ミリタリー

空自、核搭載型爆撃機と共同訓練 北朝鮮への警戒態勢堅持

更新 sty1807280008
 共同訓練する航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB52戦略爆撃機=27日、日本海上空(航空自衛隊提供)  共同訓練する航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB52戦略爆撃機=27日、日本海上空(航空自衛隊提供)

 航空自衛隊は28日、F15戦闘機6機が27日に核搭載可能な米空軍のB52戦略爆撃機2機と日本海上空で共同訓練したと明らかにした。空自がB52との訓練を公表するのは初。政府関係者によると、B52に核は搭載していない。米朝による対話が続く一方、北朝鮮への警戒態勢を堅持する狙いがあるとみられる。

 共同訓練する航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB52戦略爆撃機=27日、日本海上空(航空自衛隊提供)
画像を拡大する
 共同訓練する航空自衛隊のF15戦闘機と米空軍のB52戦略爆撃機=27日、日本海上空(航空自衛隊提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 空自によると、グアムから飛来したB52と石川県の小松基地所属のF15が日本海上空で編隊訓練などを実施。日米共同での対処能力や戦術技量の向上を図った。

 核弾頭を搭載できるB52は大型で長距離の飛行が可能。空自との訓練実施は昨年11月に初めて明らかになり、今年1月にも行ったことが確認された。政府関係者は、いずれも核の搭載はなかったとしている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング