産経フォト

MRJがデモ飛行 英で国際航空ショー開幕

ニュース

MRJがデモ飛行 英で国際航空ショー開幕

更新 sty1807160016
16日、ロンドン近郊ファンボローで開かれた航空見本市でデモ飛行するMRJ(共同) 16日、ロンドン近郊ファンボローで開かれた航空見本市でデモ飛行するMRJ(共同)

【ファンボロー(英南部)共同】世界最大級の航空見本市「ファンボロー国際航空ショー」が16日、ロンドン近郊ファンボローで開幕した。三菱航空機(愛知県豊山町)は開発中の旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」のデモ飛行を実施した。欧州の航空会社へ売り込みを図る。

16日、ロンドン近郊ファンボローで航空見本市に登場したMRJ(ロイター)
画像を拡大する
16日、ロンドン近郊ファンボローで航空見本市に登場したMRJ(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 MRJはANAホールディングスや日本航空を含めた世界の航空会社から約400機を受注している。だが、安全性向上のため設計変更を繰り返し、納入時期を5度延期。当初2013年とした初号機の納入時期は現在20年半ばとなっている。
 航空ショーは22日まで開かれ、世界の航空機関連企業が最新の機体などを披露する。欧州エアバスは買収したボンバルディアの新型小型機の名称を「Cシリーズ」から「A220」に変更し展示。米ボーイングの19年に運用を開始する小型機「737 MAX7」は従来機から燃費効率が大幅に向上した。
 デモ飛行したMRJは、最初に納入される予定の全日本空輸(ANA)のロゴが入り、機体も青の塗装が施された。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング