産経フォト

アンダーソンが決勝へ 史上2番目の長時間試合でイズナー下す 【ウィンブルドン】

スポーツ

アンダーソンが決勝へ 史上2番目の長時間試合でイズナー下す 【ウィンブルドン】

更新 sty1807140002
6時間を越える激闘を終え、お互いをたたえあうケビン・アンダーソン(右)とジョン・イズナー=ウィンブルドン(ロイター) 6時間を越える激闘を終え、お互いをたたえあうケビン・アンダーソン(右)とジョン・イズナー=ウィンブルドン(ロイター)
男子シングルス準決勝で勝利し歓声に応えるケビン・アンダーソン=ウィンブルドン(共同)
画像を拡大する
男子シングルス準決勝で勝利し歓声に応えるケビン・アンダーソン=ウィンブルドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第11日は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝で第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)が第9シードのジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出を果たした。同種目の南ア勢で97年ぶり。6時間半を超える激闘は大会史上2番目の長時間試合となった。

「死力尽くした」とアンダーソン

男子シングルス準決勝で勝利したケビン・アンダーソン=ウィンブルドン(共同)
画像を拡大する
男子シングルス準決勝で勝利したケビン・アンダーソン=ウィンブルドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

◇ケビン・アンダーソンの話 (史上2番目の長時間試合で)死力を尽くした。どちらが生き残るか、普通の試合や戦術を超越した消耗戦だった。決勝進出は大躍進。半分、夢がかなった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング