産経フォト

英各地で反トランプデモ 差別的と抗議 延べ10万人

ニュース

英各地で反トランプデモ 差別的と抗議 延べ10万人

更新 sty1807130007
 12日、トランプ米大統領が宿泊するロンドン中心部の米大使公邸周辺で実施されたデモ(ゲッティ=共同)  12日、トランプ米大統領が宿泊するロンドン中心部の米大使公邸周辺で実施されたデモ(ゲッティ=共同)
 12日、トランプ米大統領が宿泊するロンドン中心部の米大使公邸周辺でデモ行進する人々(ゲッティ=共同)
画像を拡大する
 12日、トランプ米大統領が宿泊するロンドン中心部の米大使公邸周辺でデモ行進する人々(ゲッティ=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ米大統領が英国を訪れた12日、差別的な姿勢などに反発するデモが英各地であった。メイ英首相との夕食会会場や宿泊先の周辺でも抗議の声が上がった。13日にはロンドンで大規模集会が予定されている。15日までの訪問中、抗議参加者はロンドンだけで延べ10万人に達するとみられている。

 トランプ氏が宿泊するロンドン中心部の米大使公邸の周辺は金属製の塀で囲まれた。周辺では12日、不法移民の親子を分離収容する政策への抗議として、泣きじゃくる子どもの音声が流された。米大使館近くには「人権にとって悪夢」と書いた横断幕が掲げられた。

 トランプ氏訪英に反対する「ストップ・トランプ連合」は、滞在中に英国の40カ所以上で抗議活動を行う予定。人種差別やイスラム教への偏見、女性蔑視など「われわれを分断し、憎悪をあおる発言は容認しない意思を示す」と訴える。13日には、怒った赤ん坊姿のトランプ氏を模した全長6メートルの巨大風船が、ロンドン中心部の上空に揚げられる計画だ。(ロンドン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング