産経フォト

HKT48田中美久が始球式 〝推しメン〟は…あのスラッガー

エンタメ

HKT48田中美久が始球式 〝推しメン〟は…あのスラッガー

更新 sty1807090008
始球式を務めたHKT48の田中美久=東京ドーム(撮影・蔵賢斗) 始球式を務めたHKT48の田中美久=東京ドーム(撮影・蔵賢斗)

 プロ野球ソフトバンクの夏の恒例イベント「鷹の祭典2018」の今季初戦となる日本ハム戦が10日、東京ドームで行われ、人気グループ「HKT48」の田中美久が始球式を務めた。

「99点です」と笑顔

始球式を務めたHKT48の田中美久=東京ドーム(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
始球式を務めたHKT48の田中美久=東京ドーム(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 6月の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で10位にランクインした勢いそのままに、元気いっぱいのマウンドさばきに、スタンドからは大きな歓声が沸き起こった。渾身の一球は、惜しくもあとわずかでノーバウンド。田中は「99点です。あと少しだったかな」と笑顔。
 熊本出身の16歳は「これからもソフトバンク推しで頑張ります」と宣言、〝推しメン〟を尋ねられると「優しかったので」と、直前に投球を教わった練習相手の内之倉隆志ブルペン捕手の名前をあげる〝サプライズ〟で締めくくった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング