産経フォト

健闘たたえ拍手と歓声 空港でサポーター出迎え

スポーツ

健闘たたえ拍手と歓声 空港でサポーター出迎え

更新 sty1807050006
 ロシアW杯を終え、帰国した乾貴士、昌子源、岡崎慎司、本田圭佑らサッカー日本代表=5日午前、成田空港(桐山弘太撮影)  ロシアW杯を終え、帰国した乾貴士、昌子源、岡崎慎司、本田圭佑らサッカー日本代表=5日午前、成田空港(桐山弘太撮影)
 成田空港に到着し、ファンの歓迎を受ける(手前左から)長友佑都、槙野智章ら日本代表の選手たち =5日午前、成田空港(撮影・福島範和)
画像を拡大する
 成田空港に到着し、ファンの歓迎を受ける(手前左から)長友佑都、槙野智章ら日本代表の選手たち =5日午前、成田空港(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

 「4年後も期待」「史上最強の代表だ」。サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、惜しくも初のベスト8を逃した日本代表が5日午前、成田空港に帰国した。到着ロビーは青いユニホーム姿のサポーターら約800人で熱気に包まれ、予想を覆す健闘を続けた選手を歓声と拍手でねぎらった。 成田空港に到着した日本代表はそろいのスーツ姿。西野朗監督(63)と主将の長谷部誠選手(34)を先頭にメンバーが続いた。到着ロビーに姿を見せると、サポーターらは「ありがとう」と言葉を掛け、選手の名前を叫んで大歓声が湧いた。 サポーターは吹き抜けのロビーの2階部分まで埋まり、選手に携帯電話のカメラを向けた。メッセージボードや横断幕を掲げて待つ人もいた。セレモニーで花束を受け取った西野監督や長谷部選手は笑顔。長友佑都選手(31)や乾貴士選手(30)は、声援に手を振って応えていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング