産経フォト

成田着の大韓機、車軸折れ けが人なし、調査官派遣

ニュース

成田着の大韓機、車軸折れ けが人なし、調査官派遣

更新 sty1806290022
 誘導路上で停止した大韓航空機の右主脚(手前)周辺を調べる関係者=29日午後5時40分ごろ、成田空港  誘導路上で停止した大韓航空機の右主脚(手前)周辺を調べる関係者=29日午後5時40分ごろ、成田空港
 成田空港の誘導路で停止した大韓航空機(上)=29日午後3時13分(共同通信社ヘリから)
画像を拡大する
 成田空港の誘導路で停止した大韓航空機(上)=29日午後3時13分(共同通信社ヘリから)フルスクリーンで見る 閉じる

 29日午後0時35分ごろ、成田空港に着陸した韓国・仁川発の大韓航空703便ボーイング777が、誘導路で動けなくなって停止した。国土交通省などによると、右主脚の金属製の車軸が折れていた。乗客乗員計335人にけがはなかった。着陸の約1時間40分後から誘導路へ降ろし始め、バスでターミナルへ運んだ。

 国交省は事故につながりかねない重大インシデントに当たると認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官4人を派遣。原因を詳しく調べる。

 乗客の山梨県韮崎市の男性会社員(45)は「着陸前から機体が左右に傾いて揺れていた。着陸時は右側が下に傾いていた感じがする」と話した。

 国交省成田空港事務所によると、車軸が折れたために、一部のタイヤが傾いていた。滑走路では金属やタイヤの破片が見つかった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング