産経フォト

ナッツ姫父を取り調べ 韓国、50億円脱税の疑い

ニュース

ナッツ姫父を取り調べ 韓国、50億円脱税の疑い

更新 sty1806280007
 ソウル南部地検に出頭する韓進グループの趙亮鎬会長(中央)=28日(共同)  ソウル南部地検に出頭する韓進グループの趙亮鎬会長(中央)=28日(共同)
 ソウル南部地検に出頭し、記者団の質問に答える韓進グループの趙亮鎬会長=28日(共同)
画像を拡大する
 ソウル南部地検に出頭し、記者団の質問に答える韓進グループの趙亮鎬会長=28日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 韓国の大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬会長は28日、相続税の脱税容疑などで地検の取り調べを受けた。趙氏は同日、ソウル南部地検に出頭した。韓国メディアによると、趙氏や親族による脱税額は500億ウォン(約50億円)を超えるとみられる。

 趙氏は、大韓機内で乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせた事件を起こし「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥前大韓航空副社長の父。母の李明姫氏も警備員らに対する暴行容疑で捜査を受けている。

 趙氏は出頭した際、記者団に「誠実に取り調べに臨む。検察に全て話す」と語り、一部容疑に対する認識を問われると「申し訳ない」と述べた。

 国税当局は税務調査の結果、趙氏らがグループ創業者である父(故人)のパリの不動産やスイスの銀行預金などの遺産を譲り受けた際、相続の申告をしなかったと判断。告発を受けた検察が捜査している。(ソウル共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング