産経フォト

訪日客、果物狩りに続々 コト消費求め評判広がる

ニュース

訪日客、果物狩りに続々 コト消費求め評判広がる

更新 sty1806260003
 筑紫野いちご農園でイチゴ狩りを楽しむタイ人旅行者=5月31日、福岡県筑紫野市  筑紫野いちご農園でイチゴ狩りを楽しむタイ人旅行者=5月31日、福岡県筑紫野市
 訪日客に人気の吉次園の前田正明代表=6月1日、熊本市
画像を拡大する
 訪日客に人気の吉次園の前田正明代表=6月1日、熊本市フルスクリーンで見る 閉じる

 果物狩りを楽しめる観光農園に外国人旅行者が続々と訪れている。日本の果物のおいしさが知れ渡ったのに加え、モノより体験を求める「コト消費」の人気が大きい。投資やPRに積極的な農家の評判はインターネットを通じ、国境を越え拡散中。企業の参入も目立ち、農村部必須の観光スポットになりつつある。

 「甘くて新鮮。タイでは高級品なのでお得ね」。5月末、タイから福岡県筑紫野市の「筑紫野いちご農園」を訪れたタマポーン・ラッタナタンさん(45)がイチゴを摘んでほほ笑んだ。日本産の品質は高い半面、物流費がかさんで現地では値が張る。1900円で40分の食べ放題は魅力だ。

 福岡空港から車で約30分とアクセスが良く、口コミがフェイスブックでも広まり、昨年11月~今年5月のシーズンは2年前の1、5倍を超す約4200人の訪日客が立ち寄った。昨年2月にケーキ店を開き、今夏にはブルーベリー狩りも開始。季節を通して客足を絶やさない工夫を重ねる。

 海外から年間約1万人を集めるのはブドウやリンゴなどを栽培する熊本市北区の吉次園。前田正明代表は台湾などの旅行会社に営業も欠かさず「果物の品質へのこだわりとともに、存在のアピールが大切だ」と力を込める。熊本県内の農園や農林中央金庫などと組み、海外のブロガーや記者を招くモニターツアーも実施している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング