産経フォト

MRJ、27日に米の試験施設公開 飛行も披露、開発アピール

ニュース

MRJ、27日に米の試験施設公開 飛行も披露、開発アピール

更新 sty1806220013
 愛知県営名古屋空港を飛び立つMRJの試験3号機=2017年3月  愛知県営名古屋空港を飛び立つMRJの試験3号機=2017年3月

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は米ワシントン州モーゼスレイクの試験施設を27日(日本時間28日)に報道機関に公開する。現地での飛行試験も初めて公開する見通し。MRJは納入が大幅に遅れているが、英国で7月に開かれる世界最大級の航空見本市でのデモ飛行を控え、開発の進捗をアピールする。

 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着したMRJの試験1号機=2016年9月
画像を拡大する
 米ワシントン州のグラントカウンティ国際空港に到着したMRJの試験1号機=2016年9月フルスクリーンで見る 閉じる

 試験施設「モーゼスレイク・フライトテスト・センター」はグラントカウンティ国際空港内に設けている。日本で生産した4機を使い、日本の国土交通省の安全性認証を取得するため試験を続けている。機体の開発状況やセンターの業務内容も説明する。同空港は長さ4千メートルを超える長い滑走路を備え、晴天が多く飛行試験に適しているという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング