産経フォト

天井崩れ、がれき散乱 解体近づく大槌町旧役場

ニュース

天井崩れ、がれき散乱 解体近づく大槌町旧役場

更新 sty1806130015
 報道陣に公開された岩手県大槌町の旧役場庁舎。1階には止まった時計が残されていた=13日午後  報道陣に公開された岩手県大槌町の旧役場庁舎。1階には止まった時計が残されていた=13日午後
 報道陣に公開された岩手県大槌町の旧役場庁舎。1階には止まった時計が残されていた=13日午後
画像を拡大する
 報道陣に公開された岩手県大槌町の旧役場庁舎。1階には止まった時計が残されていた=13日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災の津波で当時の町長や職員らが犠牲となった岩手県大槌町の旧役場庁舎の内部が13日、近く始まる解体工事を前に、報道陣に公開された。天井が崩れ、むき出しになった配線や梁、床に積もったままの土砂やがれきが震災から7年以上が経過した今、被害のすさまじさを改めて見せつけた。
 行方不明者の捜索時に机などの大きな備品は片付けられたというが、町民課などがあった1階には、大量のコンクリート片や木片に交ざって、止まった時計や色あせた靴が散乱。

 報道陣に公開された、岩手県大槌町の旧役場庁舎の2階の議場があった部屋=13日午後
画像を拡大する
 報道陣に公開された、岩手県大槌町の旧役場庁舎の2階の議場があった部屋=13日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 土砂の積もる階段で最上階の2階に上がると、屋上へ避難するために職員らがよじ登った避難ばしごがさびた姿をさらしていた。天井付近の柱には、津波の到達を示すしみが付いていた。
 町は18日にも旧庁舎の解体工事に着手する方針だ。一方、保存を求める住民は解体差し止めを求める仮処分を盛岡地裁に申し立てている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング