産経フォト

「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」明記されず 共同声明全文

ニュース

「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」明記されず 共同声明全文

更新 sty1806120020
 米朝首脳会談後の記者会見を終え、手を振り会場を後にするトランプ米大統領=12日、シンガポール(共同)  米朝首脳会談後の記者会見を終え、手を振り会場を後にするトランプ米大統領=12日、シンガポール(共同)
 昼食会を終えたトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=12日、シンガポール(AP)
画像を拡大する
 昼食会を終えたトランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=12日、シンガポール(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで史上初めての米朝首脳会談を行った。両首脳が会談後に署名した共同声明によると、金氏は焦点の核問題で「朝鮮半島の完全な非核化」に向けて取り組むと約束する一方、トランプ氏も北朝鮮体制の安全を保証すると表明した。また、共同声明は北朝鮮による日本人拉致などの人権問題には言及していないが、トランプ氏は記者会見で拉致問題について提起したことを明らかにした。
 共同声明によると、両首脳は新たな米朝関係の構築に向け、「包括的かつ誠実に意見を交わした」と強調。両首脳はまた、非核化に向けた米朝の信頼醸成措置として、朝鮮戦争当時の米軍の戦時捕虜や戦闘時行方不明兵の遺骨の回収と引き渡しに共同で取り組むことなどで合意した。

 会談会場へ向かう北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ポンペオ米国務長官のツイッターから)
画像を拡大する
 会談会場へ向かう北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ポンペオ米国務長官のツイッターから)フルスクリーンで見る 閉じる

 また、首脳会談の成果を受け、ポンペオ国務長官をトップとする米政府代表団と北朝鮮政府の代表団が合意事項の履行に向けて「可能な限り近日中」に追加協議を行うとした。
 トランプ政権は、北朝鮮が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を実現するための具体的措置をとらない限り、非核化に対する制裁解除や援助解禁に踏み切らない方針を示していたが、共同声明ではCVIDへの言及はなかった。

 合意文書の署名に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央左)とトランプ米大統領(同右)。左は金与正党第1副部長。右はポンペオ国務長官=12日、シンガポール(AP)
画像を拡大する
 合意文書の署名に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央左)とトランプ米大統領(同右)。左は金与正党第1副部長。右はポンペオ国務長官=12日、シンガポール(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ氏は会談後の記者会見で、「金正恩氏と集中的で有意義な時間を過ごせた。北朝鮮は可能性のある国だ。新しい歴史をつくっていきたい。会談を通じて朝鮮戦争を終わらせることができるという希望を持つことができた」と語った。
 金氏は記者会見には同席せず、共同声明の署名式を済ますと会場のホテルを後にしたが、署名に際して「新たな出発を知らせる歴史的な文書だ。世界は恐らく重大な変化を見ることになるだろう」と話した。(シンガポール=黒瀬悦成)

ロイター通信が報じた共同声明全文

 米朝首脳会談後に開かれた記者会見で、質問者を指名するトランプ米大統領=12日、シンガポール(共同)
画像を拡大する
 米朝首脳会談後に開かれた記者会見で、質問者を指名するトランプ米大統領=12日、シンガポール(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、初の歴史的な首脳会談を2018年6月12日、シンガポールで開催した。
 トランプ大統領と金正恩委員長は新たな米朝関係の樹立と、朝鮮半島での恒久的で強力な平和体制を構築することについての問題に、包括的で詳細かつ誠実な意見交換を行った。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の非核化を完結するための固く揺るぎない約束を再確認した。
 新たな米朝関係の樹立は朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信するとともに、相互の信頼醸成が朝鮮半島の非核化を促進できると認識し、トランプ大統領と金正恩委員長は次のように宣言する。

 (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。
 (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。
 (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。
 (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

 トランプ大統領と金委員長は、史上初の米朝首脳会談が、重要な意味を持ち、両国間の数十年に及ぶ緊張と敵対を乗り越えて新たな未来を開く画期的な出来事であったと認識し、この共同声明の諸条項を全面的かつ迅速に履行するよう努める。米国と北朝鮮は、米朝首脳会談の成果を履行するため、ポンペオ米国務長官と北朝鮮側の対応する高官の主導による後続交渉を可能な限り早期に開催するよう努める。

 トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和、繁栄、安全の促進に向け協力すると約束した。

2018年6月12日

セントーサ島

シンガポール

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング