産経フォト

米朝首脳 史上初会談 非核化への合意焦点

ニュース

米朝首脳 史上初会談 非核化への合意焦点

更新 sty1806120006
 拡大協議に臨む、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(右)=12日、シンガポール(ロイター)  拡大協議に臨む、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(右)=12日、シンガポール(ロイター)
 一対一の首脳会談に臨んだ北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)
画像を拡大する
 一対一の首脳会談に臨んだ北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポール(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで会談した。両首脳は冒頭で握手した。米朝首脳会談は史上初。核・ミサイル開発を推進してきた北朝鮮の完全非核化に関し合意できるかが最大の焦点だ。トランプ氏は冒頭、金正恩氏と「素晴らしい関係を築く」と強調。金正恩氏も「足かせとなる過去があり、誤った偏見と慣行がわれわれの目と耳をふさいでいたが、全てを克服してここまで来た」と関係構築に意欲を示した。 休戦状態にある朝鮮戦争の終結や日本人拉致問題も議題になる。アジアの安全保障環境は新たな局面を迎えた。両首脳は通訳を交え一対一での会談に入り、トランプ氏は金正恩氏と会え「光栄だ」と述べ、「われわれは素晴らしい議論をし、大成功を収める」と強調した。(シンガポール共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング