産経フォト

「今回しかチャンスない」 米朝会談前に拉致家族会

ニュース

「今回しかチャンスない」 米朝会談前に拉致家族会

更新 sty1806110015
 米朝首脳会談を前に、記者会見する拉致被害者家族会の横田早紀江さん(右)と飯塚繁雄代表=11日午後、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影)  米朝首脳会談を前に、記者会見する拉致被害者家族会の横田早紀江さん(右)と飯塚繁雄代表=11日午後、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影)
 米朝首脳会談を前に、記者会見する拉致被害者家族会の横田早紀江さん=11日午後、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
 米朝首脳会談を前に、記者会見する拉致被害者家族会の横田早紀江さん=11日午後、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 北朝鮮による拉致被害者の家族会が11日、米朝首脳会談を前に国会内で記者会見した。田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(80)は「今回しかチャンスはない。トランプ米大統領の力量に期待している」と述べ、横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(82)は「子どもたちを元気な姿で帰して。それをきちんと伝えてほしい」と力を込めた。

 飯塚さんは、トランプ氏が金正恩朝鮮労働党委員長との会談で日本人拉致問題を議題にすると約束したことを評価。「これを逃したら家族は永遠に帰ってこない」と強調し、「明日の会談で日本人を帰すとの約束を取り付け、日朝間で帰国に向けた作業をしていくことにならないと、拉致問題は消滅してしまう」と悲愴感もにじませた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング