産経フォト

新幹線で男性刺され死亡、女性2人重傷 「誰でもよかった」22歳男を逮捕

ニュース

新幹線で男性刺され死亡、女性2人重傷 「誰でもよかった」22歳男を逮捕

更新 sty1806100001
 新大阪行きのぞみ265号車内で乗客が刺された事件が発生し、規制線が張られたJR小田原駅の構内=9日夜(乗客提供)  新大阪行きのぞみ265号車内で乗客が刺された事件が発生し、規制線が張られたJR小田原駅の構内=9日夜(乗客提供)
 東海道新幹線の車内で人が刺された事件で、遅れを知らせるJR小田原駅の電光掲示板=9日午後11時24分
画像を拡大する
 東海道新幹線の車内で人が刺された事件で、遅れを知らせるJR小田原駅の電光掲示板=9日午後11時24分フルスクリーンで見る 閉じる

 9日午後10時ごろ、神奈川県の東海道新幹線新横浜-小田原間を走行していた東京発新大阪行きのぞみ265号で、男が複数の乗客を刺し、30代男性が死亡、女性2人が重傷を負った。神奈川県警は殺人未遂容疑で自称愛知県岡崎市蓑川町の無職の自称小島一朗容疑者(22)を現行犯逮捕。「新幹線内で殺意をもって人を刺したことは間違いない」と容疑を認め「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。なたで、男性の首の付け根付近を切り付けたとの情報がある。

 県警が詳しい状況を調べている。JR東海によると、車内では午後9時47分ごろに非常ブザーが鳴った。事件との関連は調査中としている。

 東海道新幹線は事件発生を受け、東京-小田原間の下りで運転を見合わせた。

 JR東海によると、のぞみ265号は16両編成で、乗客は約880人だった。

通路に血痕、車内騒然

 「助けて」「怖い」。車内では乗客が逃げ惑い、叫び声が上がる異様な状況になった。

騒然とするJR小田原駅構内=9日午後 (吉沢良太撮影)
画像を拡大する
騒然とするJR小田原駅構内=9日午後 (吉沢良太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 14号車付近の喫煙所にいた大津市の男性会社員(29)は、事件発生直後に若い女性ら20~30人がパニック状態で逃げてくるのを目撃。車両の通路には無数の血痕が連なり、車内は騒然となった。
 新幹線は新大阪行きの終電。イベント帰りとみられる女性らで混雑していた。「何事かと思った。まさか事件とは」と驚いた様子で話した。
 15号車に乗っていた男性会社員(39)によると、走行中に前方の車両から多くの人が「助けて」などと叫びながら逃げ込んできたという。その後車内アナウンスでは、事件があったこと、容疑者の身柄が確保されたことなどが知らされた。

 「とにかく前に」「刃物を持っている」。9号車に乗っていた男性(44)の耳にも次々と乗客の叫び声が飛び込んできた。涙を流しながら、全力で駆け抜けていく乗客ら。身を守るためなのか、取り外した座面を手にした人もいたという。

放火事件受け対策強化も手荷物検査は困難

 走行中の東海道新幹線の車内で2015年6月に男が焼身自殺したのをきっかけに、鉄道では不審物の持ち込み対策が進んでいる。駅での警察官による巡回や、車両への防犯カメラ設置が進むが、利便性を考えると厳密な手荷物検査の実施は難しいのが実情だ。

JR小田原駅前に止められた警察車両=9日午後 (吉沢良太撮影)
画像を拡大する
JR小田原駅前に止められた警察車両=9日午後 (吉沢良太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 この新幹線放火事件では、男が車内にガソリンを持ち込んで火を付け、巻き込まれた乗客1人が死亡。これを受け、JR各社は新幹線車内への防犯カメラの設置や、可燃物の持ち込み制限を強化。火災発生に備え、救護用の防煙マスクや耐火手袋も装備した。
 在来線でも防犯カメラ設置の動きがあり、JR東日本は今年4月、18年度以降に製造する車両全てに備えると発表。山手線では東京五輪・パラリンピックが開会する前の20年春までに全車両への設置を終える。鉄道各社に同様の動きが広がっている。

 ただ駅には多数の出入り口があり、列車は頻繁に発着する。膨大な乗客に対し刃物や危険物の持ち込みを厳密にチェックすることは困難で、空港のように金属探知機を設置することも実現性が低いとされる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング