産経フォト

27日前後に小惑星到着 探査機はやぶさ2

ニュース

27日前後に小惑星到着 探査機はやぶさ2

更新 sty1806070004
 はやぶさ2と小惑星りゅうぐうのイメージ(JAXA提供)  はやぶさ2と小惑星りゅうぐうのイメージ(JAXA提供)
 はやぶさ2のカメラが6日に捉えた小惑星りゅうぐう(中央左寄りの明るい点)(JAXA提供)
画像を拡大する
 はやぶさ2のカメラが6日に捉えた小惑星りゅうぐう(中央左寄りの明るい点)(JAXA提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、探査機「はやぶさ2」が27日前後に目的地の小惑星りゅうぐうに到着する見込みだと発表した。

 JAXAによると、7日現在で、はやぶさ2はりゅうぐうまで2100キロに迫った。到着に向けて最終段階となるイオンエンジンの連続運転を3日に終了、探査機の状態は良好という。吉川真・JAXA准教授は「半分はわくわく、半分は非常に緊張している」と述べた。搭載したカメラで6日に撮影したりゅうぐうの画像も公開した。りゅうぐうまでの距離は2600キロだったが、通常の撮影ではまだ点にしか見えない。1週間後には、形らしきものが見えるかもしれないという。

 到着するのはりゅうぐうの高度20キロ。着陸に適した場所を探すために観測を続け、9~10月に着陸して岩石の採取を試みる。

 りゅうぐうには水や有機物を含む物質があるとみられ、太陽系の成り立ちや生命の起源の手掛かりが得られると期待されている。

 はやぶさ2は2014年12月、地球から約3億キロ離れたりゅうぐうを目指して鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。20年末にも地球に帰還する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング