産経フォト

【森友文書改ざん】麻生財務相「進退は考えていない」 佐川氏停職、20人処分 財務省

ニュース

【森友文書改ざん】麻生財務相「進退は考えていない」 佐川氏停職、20人処分 財務省

更新 sty1806040014
財務省の森友学園に関する調査報告を受け会見する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影) 財務省の森友学園に関する調査報告を受け会見する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)
会見に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
会見に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 財務省は4日、学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざんの調査報告書を発表した。当時理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官が改ざんや交渉記録廃棄の方向性を決定付けたと認定。関係者計20人を処分し、佐川氏を最も重い停職3カ月相当とした。国会審議が紛糾することを恐れ、回避する目的で改ざんしたと動機を指摘。記録廃棄は安倍晋三首相が夫妻の関与を全面否定した昨年2月の国会答弁がきっかけだとし、首相への忖度を示唆する内容となった。

会見に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)
画像を拡大する
会見に臨む麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 麻生太郎財務相は記者会見し「極めて不適切な取り扱いがなされていた。深くおわび申し上げる」と陳謝した。閣僚給与1年分を自主的に返納する意向を示した一方、「進退は考えていない」と述べ続投を表明した。
 処分対象には本省幹部や近畿財務局の職員が含まれる。佐川氏のほか、改ざんの中核的な役割を担った理財局総務課長が停職1カ月。当時の事務次官は減給10%・1カ月相当、官房長は文書厳重注意とした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング