産経フォト

鳥取・大山で夏山開き 開山1300年

自然・風景

鳥取・大山で夏山開き 開山1300年

更新 sty1806030010
 大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(本社ヘリから、奥清博撮影)  大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(本社ヘリから、奥清博撮影)
 大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(本社ヘリから、奥清博撮影)
画像を拡大する
 大山の夏山開きが行われ、登山者でにぎわう山頂付近=3日、鳥取県大山町(本社ヘリから、奥清博撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 開山1300年を迎えた中国地方最高峰の大山(1729メートル)で3日、夏山開き祭が開かれた。青空の広がる絶好の登山日和の中、県内外から集まった多くの登山客でにぎわった。

 大山の夏山開き祭で登山の安全を祈願する大神山神社の神職=3日、鳥取県大山町
画像を拡大する
 大山の夏山開き祭で登山の安全を祈願する大神山神社の神職=3日、鳥取県大山町フルスクリーンで見る 閉じる

 主峰の一つで、頂上碑がある弥山山頂(1709メートル)では大神山神社の神職が登山の安全を祈願し、関係者らが玉串をささげた。山頂まで訪れた約700人の登山客が参加し、頂上碑の周りを埋め尽くした。

 開山1300年の今年は「山の日」記念全国大会や、1300本のたいまつ行列など大山をさまざまな切り口で楽しむイベントが秋まで続く。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング