産経フォト

【路上感撮】風に鳴る“カーテン”

遺跡・建造物

【路上感撮】風に鳴る“カーテン”

更新 sty1806030009
日本点字図書館のチェーンの“カーテン” =東京都新宿区(桐山弘太撮影) 日本点字図書館のチェーンの“カーテン” =東京都新宿区(桐山弘太撮影)

 コンクリート打ちっ放しのビル3階から無数の鎖がカーテンのように下がっている。幅約35メートルにわたり連なったチェーンが太陽の光に反射し、キラキラと輝き美しい。

日本点字図書館のチェーンの“カーテン” =東京都新宿区(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
日本点字図書館のチェーンの“カーテン” =東京都新宿区(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本点字図書館(東京都新宿区)は点字図書の製作、貸し出しなどを行う視覚障害を持つ人のための図書館。建築家の鈴木エドワード氏が設計した外観が印象的だ。

 ステンレス製の鎖は「滝」をイメージしている。目の不自由な人が、風に揺れ鎖が触れ合う音を聞き取れるように設計された。館内も手に触れて優しい素材であふれている。(写真報道局 桐山弘太)



☆「路上感撮」全編は 【コチラから】  

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング