産経フォト

「日本の新たな歴史築く」 香川真司、ベテランの経験と勘を「チームの強みに」

スポーツ

「日本の新たな歴史築く」 香川真司、ベテランの経験と勘を「チームの強みに」

更新 sty1806010021
東京タワーをバックに写真に納まる香川真司。W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じた=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影) 東京タワーをバックに写真に納まる香川真司。W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じた=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)
W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる香川真司=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)
画像を拡大する
W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる香川真司=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表に2大会連続で選出された香川真司(ドルトムント)が1日、東京都内で報道陣の取材に応じ「西野監督とこのメンバーとともに、日本の新たな歴史を築き上げていく準備は整っている。自分を信じてピッチで証明したい」と決意を表明した。
 2月に左足首を痛めたこともあり、代表入りが危ぶまれた。5月31日の代表発表時は家族と食事をしていたといい、「自分を信じるしかなかった。落ちたら、そのときに考えればいいと思っていた」と明かした。

 西野監督が新たに導入した3バックの布陣では、主に2列目の攻撃的ポジションを担う。「ゴール前の相手にとって怖いところでどれだけボールを蹴れるか。自分の良さが出れば、チームとして優位に立てる」と攻撃陣の中核としてゴールを奪うイメージ描く。

 今回の23人のうち、惨敗に終わった前回ブラジルW杯の経験者は本田(パチューカ)ら11人が名を連ねており、ベテラン頼みを不安視する声もある。29歳の司令塔は「高い経験値や個人の勘が大事になる。うまくチームの強みにして戦っていく」と語った。(吉原知也)

W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる香川真司=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)
画像を拡大する
W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じる香川真司=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
東京タワーをバックに写真に納まる香川真司。W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じた=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)
画像を拡大する
東京タワーをバックに写真に納まる香川真司。W杯ロシア大会を前に報道陣の取材に応じた=1日午前、東京都港区 (吉沢良太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング