産経フォト

鑑定留置中の容疑者逃走 コンビニで元上司に「1万円貸してほしい」

ニュース

鑑定留置中の容疑者逃走 コンビニで元上司に「1万円貸してほしい」

更新 sty1805230023
 小倉泰裕容疑者とみられる男を捉えた防犯カメラの映像=23日午前5時40分ごろ、愛知県犬山市(住民提供)  小倉泰裕容疑者とみられる男を捉えた防犯カメラの映像=23日午前5時40分ごろ、愛知県犬山市(住民提供)

 名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院に鑑定留置のため入院していた元会社員小倉泰裕容疑者(57)=同市西区=が22日夜に逃走した事件で、同容疑者の元勤務先がある県北部の犬山市内で同容疑者とみられる男の目撃情報が複数あることが23日、捜査関係者への取材で分かった。県警は逃走容疑で指名手配し400人態勢で犬山市と周辺を中心に捜索を続けている。

 元勤務先によると、病院から北西に約20キロの犬山市内のコンビニでは23日午前5時すぎ、元上司の車に乗り込もうとし「1万円を貸してほしい」と頼んだという。この際、白いタオルを持って汗をかいている様子だった。多少の所持金があった可能性もあり、県警は犬山市までの移動手段を捜査、立ち回る可能性がある場所の警戒もしている。

 県警によると、このコンビニで、同容疑者とみられる男が黒の上下のジャージーのような姿で防犯カメラに写っていたほか、市内で自転車に乗っている姿が確認された。市内の公衆電話からいずれかの場所に電話をしていたことも判明。午前5時すぎ以降の目撃は途絶えているという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング