産経フォト

錦織16強、世界4位倒す イタリア国際テニス

スポーツ

錦織16強、世界4位倒す イタリア国際テニス

更新 sty1805170002
男子シングルス2回戦でグリゴル・ディミトロフを破った錦織圭=ローマ(共同) 男子シングルス2回戦でグリゴル・ディミトロフを破った錦織圭=ローマ(共同)
男子シングルス2回戦で勝利し、ガッツポーズする錦織圭=ローマ(共同)
画像を拡大する
男子シングルス2回戦で勝利し、ガッツポーズする錦織圭=ローマ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 【ローマ共同】テニスのイタリア国際は16日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(日清食品)は世界4位で第3シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)を6-7、7-5、6-4で倒し、4年連続で16強入りした。3回戦で世界28位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

 四大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会で、同じクレーコートが舞台の全仏オープン(27日開幕・パリ)の前哨戦。錦織は過去3勝1敗と相性が良かったディミトロフに第1セットを奪われたが、第2セットと最終セットでは粘り強さを発揮し、ともに先にブレークを許す劣勢をはね返した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング