産経フォト

BMWが新型「MINI」発売 最新の通信機能、スマホとの連携も

自動車

BMWが新型「MINI」発売 最新の通信機能、スマホとの連携も

更新 sty1805160017
「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「コンバーチブル」モデル=16日、東京都品川区 「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「コンバーチブル」モデル=16日、東京都品川区
「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「5ドア」モデル=16日、東京都品川区
画像を拡大する
「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「5ドア」モデル=16日、東京都品川区フルスクリーンで見る 閉じる

 BMWの日本法人「ビー・エム・ダブリュー」(東京)は16日、一部改良した小型車「MINI(ミニ)」の新型モデルを発売した。車両に最新の通信機能を搭載し、スマートフォンとの連携も強化した。2016年と17年に国内で最も売れた外国車の新型モデルを投入し、販売に弾みをつけたい考えだ。
 新型を出したのは「3ドア」、「5ドア」、オープンカーの「コンバーチブル」の三つのモデル。いずれも4人乗り。

「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「3ドア」モデル=16日、東京都品川区
画像を拡大する
「ビー・エム・ダブリュー」が発売した新型「MINI」の「3ドア」モデル=16日、東京都品川区フルスクリーンで見る 閉じる

 スマホの専用アプリで施錠や解錠などができるシステムを導入したほか、事故や故障が起きた際、自動的に車両情報を送信する機能も採用した。ガソリン車とディーゼル車を用意し(コンバーチブルはガソリン車のみ)、「3ドア」にはマニュアル車もある。希望小売価格は238万円から。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング