産経フォト

大型恐竜も「抱卵」か つぶさないよう並べ方工夫

ニュース

大型恐竜も「抱卵」か つぶさないよう並べ方工夫

更新 sty1805160005
 大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵、名古屋大提供)  大型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・河南省地質博物館所蔵、名古屋大提供)
 小型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・東陽博物館所蔵、名古屋大提供)
画像を拡大する
 小型のオビラプトロサウルス類の巣の化石(中国・東陽博物館所蔵、名古屋大提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 大型の恐竜でも、卵を押しつぶさないよう並べ方を工夫することで、自分で温める「抱卵」をしていた可能性があることが分かったと、名古屋大などの研究チームが16日付の英科学誌電子版に発表した。大型化していく恐竜の繁殖方法を知る上で重要な手掛かりになりそうだ。

 チームが調べたのは、恐竜の中でも鳥に近い「オビラプトロサウルス類」。ダチョウと同じぐらいか、さらに小さい小型種では、卵の上に直接座って温める抱卵をしていたことが分かっていたが、体長8メートル、体重2トンにもなる大型種がどのように卵を温めていたのかは不明だった。

 チームは、中国で見つかったオビラプトロサウルス類の卵や巣の化石計40点を分析。大型、小型にかかわらず、卵の殻にある気孔と呼ばれる小さい穴の数が少なく、抱卵する種の特徴を示していた。大型の卵の方が殻が薄く、もろい構造だったことも分かった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング