産経フォト

色丹訪問の元島民ら帰着 ビザなし、居住地跡巡る

ニュース

色丹訪問の元島民ら帰着 ビザなし、居住地跡巡る

更新 sty1805140011
 色丹島内を散策する自由訪問の参加者ら=13日(千島歯舞諸島居住者連盟提供)  色丹島内を散策する自由訪問の参加者ら=13日(千島歯舞諸島居住者連盟提供)
 色丹島を訪れた元島民ら=12日(千島歯舞諸島居住者連盟提供)
画像を拡大する
 色丹島を訪れた元島民ら=12日(千島歯舞諸島居住者連盟提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 北方領土の元島民らが4島を訪ねるビザなし訪問で、色丹島を訪れていた本年度第1陣の60人が14日、北海道根室市に戻った。訪問団によると、11日に出発した後、ほぼ予定通りに居住地跡などを巡ることができた。飯作鶴幸団長(75)は「ロシア側の対応に問題はなかった。団員は満足してくれた」と語った。
 三つあるビザなしの枠組みのうち元島民と家族が故郷を訪れる「自由訪問」で、慰霊祭なども実施した。昨年の自由訪問では、国後島でロシア側が居住地跡への立ち入りを認めず、参加者から失望の声が上がっていた。

 主催する元島民団体、千島歯舞諸島居住者連盟によると、今回は海上のうねりの影響で一部地点に行けなかったが、上陸手続きでロシア側とトラブルはなかった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング