産経フォト

ハガティ米大使「書道は外交に似ている」 揮毫作品、産経国際書展に

ニュース

ハガティ米大使「書道は外交に似ている」 揮毫作品、産経国際書展に

更新 sty1805020020
岩間清泉氏(産経国際書会副理事長 右から2人目)の指導で書道を体験するウィリアム・ハガティ米大使家族。(左から)次女のタラさん、ウィリアム・ハガティ米大使、長女のクリスティンさん、岩間清泉氏、クリシー夫人=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影) 岩間清泉氏(産経国際書会副理事長 右から2人目)の指導で書道を体験するウィリアム・ハガティ米大使家族。(左から)次女のタラさん、ウィリアム・ハガティ米大使、長女のクリスティンさん、岩間清泉氏、クリシー夫人=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)
岩間清泉氏(産経国際書会副理事長 右)の指導で「Friends」と書き上げたウィリアム・ハガティ米大使=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
岩間清泉氏(産経国際書会副理事長 右)の指導で「Friends」と書き上げたウィリアム・ハガティ米大使=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ウィリアム・ハガティ駐日米国大使が2日、今夏開催される第35回記念産経国際書展(主催・産経新聞社など)の特別企画「書で結ぶ世界と日本」に出品するため、都内の大使公邸で作品を揮毫(きごう)した。クリシー夫人と子供3人も参加して、岩間清泉・産経国際書会副理事長ら書家から直接指導を受けながら、自分で選んだ字に筆をふるい、書文化に親しんだ。

岩間清泉氏(産経国際書会副理事長)の指導で書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使(左)。右はクリシー夫人=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
岩間清泉氏(産経国際書会副理事長)の指導で書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使(左)。右はクリシー夫人=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 書芸術を通じた国際親善という産経国際書会の設立理念にちなみ、「友」と「愛」をテーマに各国の駐日大使が揮毫した作品を展示する試み。この日、ハガティ大使は出品作を「Friends」と滑らかな筆遣いで書き上げた。

家族で書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使(左)。右手前は次女のタラさん、中央は長女のクリスティンさん=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
家族で書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使(左)。右手前は次女のタラさん、中央は長女のクリスティンさん=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ハガティ大使は作品にこめたメッセージについて「懸命な努力と友情が結びつけば輝かしい未来につながる」と語り、「書道には忍耐と力の均衡、技能が必要だ。外交にとても似ていると思うよ」と笑った。

書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使家族。(左から)梶原碧川氏、人見恵風氏、長女のクリスティンさん、ウィリアム・ハガティ米大使、長男のウィリアムさん、クリシー夫人、次女のタラさん、岩間清泉氏=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
書道を体験したウィリアム・ハガティ米大使家族。(左から)梶原碧川氏、人見恵風氏、長女のクリスティンさん、ウィリアム・ハガティ米大使、長男のウィリアムさん、クリシー夫人、次女のタラさん、岩間清泉氏=2日午後、東京都港区の米大使公邸(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 第35回産経国際書展は7月27日~8月3日、東京都美術館(台東区上野公園)で開催。「書で結ぶ世界と日本」展には米国のほか、英国、フランス、ドイツ、インドネシア、アフガニスタンなど約15カ国の駐日大使らが出品する予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング