産経フォト

世界の滑り、受け継いで 浅田姉妹らスケート教室

イベント・祭典

世界の滑り、受け継いで 浅田姉妹らスケート教室

更新 sty1805010020
 スケート教室で参加者を指導する浅田真央さん(右)=1日、新潟市中央区  スケート教室で参加者を指導する浅田真央さん(右)=1日、新潟市中央区
 スケート教室で参加者に手本を見せる浅田真央さん(中央)=1日、新潟市中央区
画像を拡大する
 スケート教室で参加者に手本を見せる浅田真央さん(中央)=1日、新潟市中央区フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケート女子のバンクーバー冬季五輪銀メダリスト、浅田真央さん(27)が1日、元選手の姉舞さん(29)や無良崇人さん(27)と共に新潟市中央区のアイスアリーナで開かれたスケート教室に参加し、新潟県内から応募した小学生から高校生までの約30人に実技を交えて指導した。 舞さんが司会を務め、真央さんらがステップを踏んだり、回転したりしながら滑る手本を見せて参加者に指導。大きな弧を描きながら滑る演技の指導では「もっと体重を乗せて」と声を掛けた。

 スケート教室で参加者を指導する浅田真央さん(右)=1日、新潟市中央区
画像を拡大する
 スケート教室で参加者を指導する浅田真央さん(右)=1日、新潟市中央区フルスクリーンで見る 閉じる

 指導の終わりに無良さんが3回転ジャンプを披露すると、拍手が湧いた。 新潟市の中学生関川苺花さん(13)は「楽しかった。真央さんはすごくきれいだった」と話した。
 舞さんは昨年7月にもアリーナで教室を開いており、今年は姉妹そろっての参加が実現。市スポーツ振興課の内山周治さん(52)は「新潟から世界で活躍する選手を」と子どもたちの成長に期待を寄せていた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング