産経フォト

19歳谷川翔、最年少優勝 内村3位、10年ぶり敗れる

スポーツ

19歳谷川翔、最年少優勝 内村3位、10年ぶり敗れる

更新 sty1804290019
記念撮影をする(右下から時計回りに)内村航平、村上茉愛、谷川翔、白井健三、畠田瞳、寺本明日香 =東京体育館(撮影・山田俊介) 記念撮影をする(右下から時計回りに)内村航平、村上茉愛、谷川翔、白井健三、畠田瞳、寺本明日香 =東京体育館(撮影・山田俊介)
跳馬の演技に臨む谷川翔 =東京体育館(撮影・山田俊介)
画像を拡大する
跳馬の演技に臨む谷川翔 =東京体育館(撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権最終日は29日、東京体育館で決勝が行われ、男子は19歳2カ月の谷川翔(順大)が予選との合計172.496点をマークし、史上最年少優勝を果たした。これまでは1996年大会覇者の塚原直也の19歳4カ月が最年少記録。

つり輪の演技に臨む内村航平 =東京体育館(撮影・山田俊介)
画像を拡大する
つり輪の演技に臨む内村航平 =東京体育館(撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

 白井健三(日体大)が172.164点で2位。11連覇を狙った内村航平(リンガーハット)は171.664点で3位に終わり、国内大会の個人総合で2008年9月の全日本学生選手権2位以来10年ぶりに敗れた。

 女子は村上茉愛(日体大)が予選との合計112.398点で3連覇。寺本明日香(ミキハウス)が3.502点差で2位、畠田瞳(セントラル目黒)が3位だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング