産経フォト

日本2位でプレーオフへ 世界混合Dカーリング

スポーツ

日本2位でプレーオフへ 世界混合Dカーリング

更新 sty1804270004
 フィンランド戦で笑顔を見せる日本ペアの藤沢=エステルスンド(WCF提供・共同)  フィンランド戦で笑顔を見せる日本ペアの藤沢=エステルスンド(WCF提供・共同)
 フィンランド戦でスイープする日本ペアの山口。奥は藤沢=エステルスンド(WCF提供・共同)
画像を拡大する
 フィンランド戦でスイープする日本ペアの山口。奥は藤沢=エステルスンド(WCF提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 【エステルスンド(スウェーデン)共同】カーリング混合ダブルスの世界選手権は26日、スウェーデンのエステルスンドで行われ、平昌冬季五輪女子銅メダルの藤沢五月と同五輪男子代表の山口剛史が組む日本ペアは1次リーグC組を5勝2敗の2位で突破し、プレーオフに進出した。C組最終戦で平昌五輪代表のフィンランド・ペアを延長の末、6-5で退けた。27日の1回戦でスコットランドと対戦する。

 日本は不利な先攻の第1エンドに相手ミスが重なって2得点。第2エンドも1点スチールしたが、第4エンドに追いつかれた。その後は複数点が奪えず接戦に持ち込まれ、後攻の延長第9エンドは藤沢が最終投を狙い通り円心に置いて勝ち越し点を奪った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング