産経フォト

静寂の中、野生動物も 釧路湿原カヌーがシーズン

自然・風景

静寂の中、野生動物も 釧路湿原カヌーがシーズン

更新 sty1804170009
 北海道・釧路湿原を流れる釧路川の支流で、カヌーに乗って川下りをする人たち=17日  北海道・釧路湿原を流れる釧路川の支流で、カヌーに乗って川下りをする人たち=17日
 北海道・釧路湿原を流れる釧路川の木の上で、羽を休めるオジロワシ=17日
画像を拡大する
 北海道・釧路湿原を流れる釧路川の木の上で、羽を休めるオジロワシ=17日フルスクリーンで見る 閉じる

 北海道東部にある国内最大の湿原、「釧路湿原」を流れる釧路川で、カヌー観光がシーズンを迎えている。静寂の中、川面を進むとエゾシカやオジロワシ、タンチョウが姿を見せることも。カヌーは年間を通して楽しめるが、春先から雪が積もる11月ごろにかけて、全国から多くの観光客が訪れる。

 釧路川は全長約150キロで、屈斜路湖(弟子屈町)から流れだし、湿原の中を蛇行して海まで続く。17日午前、約9キロのツアーに参加すると、川岸にはフクジュソウの黄色い花や鮮やかな緑色のフキが芽吹き、春の訪れを知らせていた。

 北海道・釧路湿原を流れる釧路川で、カヌーに乗って釣りを楽しむ人たち=17日
画像を拡大する
 北海道・釧路湿原を流れる釧路川で、カヌーに乗って釣りを楽しむ人たち=17日フルスクリーンで見る 閉じる

 ガイドの平岩誠さん(67)によると、今はアメマスなどの魚も活発に動きだす時期。カヌーでの釣りを楽しんでいた釧路市の会社経営の男性(46)は「ゆったりとした中で自然も美しく、最高に幸せ」と喜んでいた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング