産経フォト

日中、8年ぶり経済対話 河野外相「視点を新たに」

ニュース

日中、8年ぶり経済対話 河野外相「視点を新たに」

更新 sty1804160008
 「ハイレベル経済対話」に臨む河野外相(手前右)と中国の王毅国務委員兼外相(同左)ら=16日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)  「ハイレベル経済対話」に臨む河野外相(手前右)と中国の王毅国務委員兼外相(同左)ら=16日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)
 「ハイレベル経済対話」に臨む河野外相(右から2人目)と中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)=16日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)
画像を拡大する
 「ハイレベル経済対話」に臨む河野外相(右から2人目)と中国の王毅国務委員兼外相(左から2人目)=16日午前、東京都港区の飯倉公館(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 日中両政府は16日、貿易や投資など経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」を東京都内で開いた。2010年8月の北京以来約8年ぶり。共同議長を務める河野太郎外相は冒頭、日中が地域と世界の経済で果たす役割が増しているとした上で「視点を新たにし、協力と連携の在り方を考えていく必要がある」と述べた。

 両国の経済協力促進のほか、米中が通商摩擦で緊張する中、17日から日米首脳会談を控えており、世界貿易機関(WTO)を中心とする多角的貿易体制や自由貿易の重要性について意見を交わすとみられる。

 中国側の議長を務める王毅国務委員兼外相は、中国が進める経済圏構想「一帯一路」などでの協力について日本側と「対話を深めたい」と強調した。

 日本側は茂木敏充経済再生担当相や世耕弘成経済産業相、石井啓一国土交通相、中国側は劉昆財政相、鍾山商務相らが出席した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング