産経フォト

小平が米ゴルフ初優勝 最終日66で6打差逆転

スポーツ

小平が米ゴルフ初優勝 最終日66で6打差逆転

更新 sty1804160001
 最終ラウンドの3番でティーショットを放つ小平智。通算12アンダーで並んだ金シウとのプレーオフを制し初優勝した=ハーバータウン・リンクス(ゲッティ=共同)  最終ラウンドの3番でティーショットを放つ小平智。通算12アンダーで並んだ金シウとのプレーオフを制し初優勝した=ハーバータウン・リンクス(ゲッティ=共同)
 米ツアーで初優勝し、笑顔でトロフィーを掲げる小平智=15日、ハーバータウン・リンクス(AP)
画像を拡大する
 米ツアーで初優勝し、笑顔でトロフィーを掲げる小平智=15日、ハーバータウン・リンクス(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 【ニューヨーク共同】米男子ゴルフのRBCヘリテージは15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドのハーバータウン・リンクス(パー71)で最終ラウンドが行われ、6打差の12位からスタートした28歳の小平智が逆転で米ツアー初優勝を飾った。

 7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーの272で並んだ金シウ(韓国)とのプレーオフを3ホール目のバーディーで制した。賞金は120万6千ドル(約1億2900万円)。米ツアーの2019~20年シーズンまでの出場資格も獲得した。

 日本選手による米ツアー制覇は昨年8月までに5勝を挙げた松山英樹以来で5人目。

 小平は13年から昨年まで日本ツアーで毎年優勝を飾り通算6勝。昨季は賞金ランキング2位と活躍した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング