産経フォト

秋田犬の展示施設オープン 「命つなぐ拠点に」

ニュース

秋田犬の展示施設オープン 「命つなぐ拠点に」

更新 sty1804150014
秋田市中心部の商業施設にオープンした「秋田犬ステーション」=15日午前 秋田市中心部の商業施設にオープンした「秋田犬ステーション」=15日午前
「秋田犬ステーション」で展示されている秋田犬=15日午前、秋田市
画像を拡大する
「秋田犬ステーション」で展示されている秋田犬=15日午前、秋田市フルスクリーンで見る 閉じる

 秋田犬の魅力を発信し殺処分などの問題解決に役立てようと、展示施設「秋田犬ステーション」が秋田市中心部の商業施設に15日、オープンした。平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手へ贈呈されることでも話題となっており、観光拠点としても期待される。
 秋田犬の保存や保護に取り組む一般社団法人「ワンフォーアキタ」(秋田市)が運営。毎週火曜、木曜、土曜、日曜の午前11時~午後3時に2、3匹を展示する。触ることはできないが、写真撮影は可能だ。
 飼い主が亡くなるなどして飼育放棄された秋田犬の新しい飼い主を募集し殺処分を防ぐほか、ドッグトレーナーが飼育方法の相談も受け付ける。秋田県動物管理センターによると、秋田犬は2016、17年度に県内で計27匹が保護されたが、うち23匹が殺処分された。施設では、保健所に保護された犬も活躍する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング