産経フォト

多田修平10秒35、後半に課題 陸上男子100メートル

スポーツ

多田修平10秒35、後半に課題 陸上男子100メートル

更新 sty1804150010
記録会の男子100メートルで10秒35の多田修平(左)=ヤンマースタジアム長居 記録会の男子100メートルで10秒35の多田修平(左)=ヤンマースタジアム長居
記録会の男子100メートルで10秒35の多田修平=ヤンマースタジアム長居
画像を拡大する
記録会の男子100メートルで10秒35の多田修平=ヤンマースタジアム長居フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上男子短距離の多田修平(関学大)が15日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われた記録会の100メートルに出場し、向かい風0.2メートルの条件下、10秒35だった。小雨が降る中で肌寒さもあり、記録には納得せず「後半になると走りが小さくなる。歩幅が狭くなり、体が反ってしまっている」と課題を挙げた。多田は今大会が今季の国内2レース目だった。改良中のスタートについては「いい感じにはまった」と話した。次戦は5月の関西学生対校選手権の予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング