産経フォト

比嘉大吾の試合は実施決定 体重超過で王座剥奪

スポーツ

比嘉大吾の試合は実施決定 体重超過で王座剥奪

更新 sty1804150005
当日計量を終え頭を下げた比嘉大吾(中央)。左は具志堅用高会長=15日午前、東京都文京区(撮影・菊本和人) 当日計量を終え頭を下げた比嘉大吾(中央)。左は具志堅用高会長=15日午前、東京都文京区(撮影・菊本和人)
当日計量に臨む比嘉大吾=15日、東京都文京区(撮影・菊本和人)
画像を拡大する
当日計量に臨む比嘉大吾=15日、東京都文京区(撮影・菊本和人)フルスクリーンで見る 閉じる

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が体重超過で王座剥奪となった問題で、15日に予定されていたクリストファー・ロサレス(ニカラグア)との試合(横浜アリーナ)が実施されることが15日、決まった。東京都内で公開で行われた比嘉の当日計量は54.7キロで、設定された55.3キロを下回った。
 ロサレスが勝てば王座獲得。引き分けか負けなら王座は空位となる。比嘉は16試合連続KO勝利の日本新記録が懸かる。比嘉は「世界チャンピオンであるにもかかわらず計量をオーバーして申し訳ない。試合をオーケーしてくれたロサレス陣営に感謝しています」と謝罪した。
 比嘉は14日の前日計量で同級の制限体重を900グラムオーバーする51.7キロで、世界戦に出場する日本選手初となる計量失敗を犯した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング