産経フォト

view 山あい流れる桜の大河 岐阜県関市「寺尾ケ原千本桜」

自然・風景

view 山あい流れる桜の大河 岐阜県関市「寺尾ケ原千本桜」

更新 sty1804150003
小型無人機から寺尾ケ原千本桜公園を見下ろすと、谷間を流れる川のように桜並木が広がっていた =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影) 小型無人機から寺尾ケ原千本桜公園を見下ろすと、谷間を流れる川のように桜並木が広がっていた =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影)
夕暮れ時、テールライトをともした車が桜のトンネルを駆け抜ける =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
夕暮れ時、テールライトをともした車が桜のトンネルを駆け抜ける =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 杉に覆われた緑深い山あいに描かれたピンクのS字。小型無人機から見下ろした桜並木は、まるで谷を流れる大河のようだった。風が吹くと、花を付けた枝が川面のように揺れ花びらが舞った。

 岐阜県関市の「寺尾ケ原千本桜公園」は県道沿い約2キロに渡って、ソメイヨシノを中心に約千本の桜が植えられている。満開の時期には多くの花見客でにぎわう。毎年訪れるという岐阜市の自営業、野口征司さん(75)は「(標高が高く)岐阜市内より1週間ほど開花が遅い。2度目の花見を楽しめるのが最高の醍醐味」と、満足そうに花を見上げていた。

寺尾ケ原の千本桜 =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
寺尾ケ原の千本桜 =5日、岐阜県関市(古厩正樹撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 「この景色を作り出したのはかつての寺尾地区の人たち」と、教えてくれたのは関市武芸川事務所の川島友教所長(59)。昭和26年11月、この地区に待望のバス路線が開通したが、この時、道路わきの斜面では杉の植林が進んでいた。

 これに、地元住民が「待った」をかけた。「道際まで杉を植えると日差しが遮られ、冬場は路面凍結でバスの通行が難しくなる。道路沿いに緩衝地帯を設けて」と訴えたという。

 杉に代わり道沿いに植えられたのは、落葉樹のソメイヨシノ300本。夏は木陰を作り、葉が落ちる冬場は差し込む日光が道を照らし、春には満開の桜が楽しめるようになった。これが千本桜の始まりだった。

 「今年は例年より10日ほど開花が早かった。でも咲き具合は上々」と川島所長。湿気が多く、日差しが少ないこの場所は桜には不向き。2年前には、大量発生したマイマイガの幼虫に葉を食べられて木が弱り、満開になる前に桜は散った。

 市は防除や肥料をまく回数を増やし、桜の体力回復を図った。枯れた木の植え替えも進め、今年は、ほぼ本来の姿に戻ったという。「観光資源で地域の財産でもある」(川島所長)という千本桜。地元住民が作り出した絶景は、今も大事に守られている。(写真報道局 古厩正樹)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング