産経フォト

秋田犬の名前は「マサル」のまま ザギトワ、一部報道を否定

ニュース

秋田犬の名前は「マサル」のまま ザギトワ、一部報道を否定

更新 sty1803270013
 ロシアの三色旗をあしらったネイルを見せるフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手=27日、モスクワ(共同)  ロシアの三色旗をあしらったネイルを見せるフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手=27日、モスクワ(共同)
 27日、モスクワで記者会見したフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(共同)
画像を拡大する
 27日、モスクワで記者会見したフィギュアスケート女子のアリーナ・ザギトワ選手(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ(15)が27日、モスクワで今季終了の記者会見に出席し、秋田犬保存会から贈呈される子犬について「頂くのは雌犬だが、男の子の名前の『マサル』と名付けるのは変わらない」と語った。ロシア語で女性風に「マーシャ」に変更したとの一部報道を否定した。
 ザギトワは「五輪前の新潟の合宿で秋田犬を知った。日本の犬なので名前を日本語にするのは筋が通っていると思う」と話した。勝利を意味する言葉を自分で探し「マサル」に決めたという。
 秋田犬保存会によると、贈呈する候補となる子犬の写真を何枚か送ってザギトワに選んでもらい、5月3日に秋田県大館市で行われる秋田犬の姿形を競う全国大会で披露。5月下旬から6月上旬にモスクワで引き渡される予定だ。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング