産経フォト

北方領土の共同活動協議 日ロ外相

ニュース

北方領土の共同活動協議 日ロ外相

更新 sty1803210005
会談を前に握手するロシアのラブロフ外相(左)と河野外相=21日午前10時2分、東京都港区(代表撮影) 会談を前に握手するロシアのラブロフ外相(左)と河野外相=21日午前10時2分、東京都港区(代表撮影)

 河野太郎外相は21日午前、ロシアのラブロフ外相と東京都内で会談した。両国が実現を目指す北方領土での共同経済活動の具体化について協議。5月にロシアで開催予定の安倍晋三首相とプーチン大統領の首脳会談に向け調整作業も加速させたい考えだ。プーチン氏が大統領選に圧勝してから初の外相会談となる。

会談に臨むロシアのラブロフ外相(左から3人目)と河野外相(右から4人目)=21日午前10時3分、東京都港区(代表撮影)
画像を拡大する
会談に臨むロシアのラブロフ外相(左から3人目)と河野外相(右から4人目)=21日午前10時3分、東京都港区(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 会談冒頭、河野氏は「日ロ間には緊密に連携すべき課題が多くある」と表明。ラブロフ氏は「日ロ関係をさらに力強く発展させなければいけない」と応じた。
 日ロの共同経済活動を巡っては、北方四島で双方の法的立場を害さない「特別な制度」の導入が焦点。日本は、日ロ首脳が合意した観光や海産物養殖など5項目の共同事業実現を通じ、領土返還交渉の進展を狙う。
 会談では、日本が配備する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」に対し、ラブロフ氏が米国によるミサイル防衛(MD)網の一環とみなし、懸念を表明するとみられる。朝鮮半島情勢や、英国で発生した元ロシア情報機関員襲撃事件も議題となる見通しだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング