産経フォト

羽生結弦、宇野昌磨、宮原知子ら出演 フィギュアのエキシビ

ニュース

羽生結弦、宇野昌磨、宮原知子ら出演 フィギュアのエキシビ

更新 sty1802250006
エキシビションで演技する羽生結弦=江陵(納冨康撮影) エキシビションで演技する羽生結弦=江陵(納冨康撮影)
エキシビションで演技する羽生結弦=江陵(納冨康撮影)
画像を拡大する
エキシビションで演技する羽生結弦=江陵(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

【平昌共同】フィギュアスケートの各種目上位選手らによるエキシビションが25日、江陵アイスアリーナで行われ、男子で66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(ANA)や銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子4位の宮原知子(関大)らが出演し、優雅な滑りで銀盤を彩った。
 羽生は「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」の柔らかなメロディーに乗ってイナバウアーやビールマンスピンなどで観客を魅了し、豪快なトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も決めて大トリを飾った。

エキシビションで演技する宇野昌磨=江陵(納冨康撮影)
画像を拡大する
エキシビションで演技する宇野昌磨=江陵(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 宇野は青のシャツ、白のパンツのラフな格好で、両脚を180度開いて上体を反らせて滑る代名詞の「クリムキンイーグル」を披露。宮原は美しいレイバックスピンを盛り込んだプログラムを情感豊かに演じた。ペアのリョム・テオク、キム・ジュシク組(北朝鮮)、女子で金メダルのアリーナ・ザギトワ、銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ともにOAR)も会場を盛り上げた。

エキシビションで出演スケーター全員と記念撮影する羽生結弦=江陵(納冨康撮影)
画像を拡大する
エキシビションで出演スケーター全員と記念撮影する羽生結弦=江陵(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
羽生結弦はエキシビションを終え、リンクを出る前に「ありがとうございました」と叫んだ=江陵(納冨康撮影)
画像を拡大する
羽生結弦はエキシビションを終え、リンクを出る前に「ありがとうございました」と叫んだ=江陵(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング