産経フォト

渡部暁斗、骨折していたのに銀メダル 「骨の一本、二本くれてやる」

スポーツ

渡部暁斗、骨折していたのに銀メダル 「骨の一本、二本くれてやる」

更新 sty1802240012
平昌冬季五輪から帰国し、銀メダルを手に笑顔を見せる渡部暁斗=24日午後、羽田空港 平昌冬季五輪から帰国し、銀メダルを手に笑顔を見せる渡部暁斗=24日午後、羽田空港

 平昌冬季五輪のノルディックスキー複合個人ノーマルヒルで2大会連続の銀メダルを獲得した渡部暁斗(29)=北野建設=ら複合の代表が24日、羽田空港に帰国した。

大会前に骨折も

平昌冬季五輪から帰国した渡部暁斗=24日午後、羽田空港
画像を拡大する
平昌冬季五輪から帰国した渡部暁斗=24日午後、羽田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 渡部暁は「結果は悔しいけど、メダルをかけて帰ってきて、皆さんに喜んでいただけたのは素直にうれしい」と表情を緩めた。
 渡部暁は大会直前に肋骨を折り、平昌入り後は3日間ほど練習ができなかったという。それでも「骨の一本、二本くれてやるという気持ちで臨んだ。けががなかったら金メダルを取れていたとは思っていない」と言い訳にはしなかった。
 休まず3月3日に再開するワールドカップ(W杯)に出場する。「総合優勝の可能性も残っている。そこに向けて全てをささげたい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング