産経フォト

首相「異常な状態打開」 北方領土交渉進展へ決意

ニュース

首相「異常な状態打開」 北方領土交渉進展へ決意

更新 sty1802070010
北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相 =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影) 北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相 =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影)
北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相(中央) =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相(中央) =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 北方領土問題の早期解決を目指して政府と関係団体などが主催する「北方領土返還要求全国大会」が7日、東京都内で開かれた。安倍晋三首相は領土問題を含む日ロ間の平和条約締結交渉について「戦後72年が経過してもなお平和条約がないのは異常な状態だ。何とかこの状況を打開しなければならない」と述べ、交渉進展へ決意を示した。

北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相 =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
北方領土返還要求全国大会であいさつする安倍晋三首相 =7日午後、東京都千代田区の国立劇場(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 首相はロシアのプーチン大統領と首脳会談を計20回行ったことに触れ「戦後ずっと残されてきた課題に終止符を打つとの強い決意を両者で共有している」と強調し、今年5月のロシア訪問に意欲を表明。「交渉を進展させるには国民一人一人が問題への関心と理解を深め、政府と国民が一丸となって取り組むことが重要だ」と呼び掛けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング